所沢ビール

【スモークもくもく木曜日】花より燻製②

こんにちは!

毎週木曜更新、【スモークもくもく木曜日】です!!

 

ついに本格的なお花見シーズン到来ですね!

先週の開花宣言につづき関東地方でもあちらこちらで桜が見られるようになってきました。

今週お花見を予定されている方も多いのではないでしょうか?

当記事も先週につづいて桜の燻製の魅力をご紹介いたします。

桜を使った燻製は燻香が強く、癖のある食材と相性がいいと先週お伝えしましたが、

今回は具体的にどのようなレシピがあるかご紹介します。

 

■スモークラムチョップ

≪材料≫

〇ラムチョップ 500g

〇ソミュール液

―塩 15g

―玉ねぎ 1/2個

―セロリ 1/2個

―ニンニク 数個

―人参 1/2個

―赤ワイン(またはブランデー) 100ml

―ローレル 数枚

―・・・他、お好みで生姜やタイムやセージなど適量

 

≪調理工程≫

手順①: ラムチョップを水洗いし、フォークなどで何カ所か穴をあける

手順②: ソミュール液で満たしたビニール袋にラムチョップを密封し、冷蔵庫で3日間保管する

手順③: ラムチョップを数時間ほど塩抜きする。味を少し薄味目にすると水分が抜けた頃に丁度良い濃さになる

(ラムチョップの端をカットし、電子レンジで焼いて味見すると良い)

手順④: 袋から取り出し、キッチンペーパーなどでしっかり水気を取り、2時間風乾させる

手順⑤: スモーカーに桜チップを1~2握りほど敷き詰め、ラムチョップをセットする

手順⑥: 熱燻なら100℃15分(温燻なら90℃前後で1時間)燻製する

※ 基本的に生で食べられないものはしっかり火を通します

手順⑦: 出来立ての温かいうちに実食

※普通の燻製は燻香のエグみを安定させるために少しおいてから食べますが、

ラムチョップに限っては出来立てを食べた方が美味しいです

 

ラム肉といえば独特な臭みのある肉の代表格と言われますが、

これと桜の燻製とあわせると燻香が臭みをカバーして、ほどよくマイルドに仕上がります。

他にもジビエ系の肉に桜で燻製すると、これも相性が良く実においしく出来ます。

 

 

桜の燻煙材で作った燻製料理のお供にスモークポーターのファラオなどはいかがでしょうか?

燻製同士で相性はもちろん抜群です!

この機会に是非どうぞ!!

 

購入は以下のリンクをクリックしてどうぞ。

SHOPhttps://tkrzwbeer.thebase.in/

Facebookからも購入することができます。

Facebookhttps://www.facebook.com/tkzwbeer/

 

👇最新情報はこちらから👇

HPhttp://tokorozawabeer.com/

Instagramhttps://www.instagram.com/tokorozawa_beer/

Twitterhttps://twitter.com/tokorozawa_beer