所沢ビール

【スモークもくもく木曜日】清少納言のときめき

みなさんこんにちわ!

毎週木曜日更新【スモークもくもく木曜日】です!

 

花粉症のみなさん、ここ数日 症状が落ち着いてませんか?

わたくし2号は今日なんて、薬を飲み忘れて出勤してしまいましたが

なんとなく平気な気がする…

というのもここ数日、症状が軽い気がしていて

洗濯をたたんでもクシャミが出ないし、寝ている間も鼻はつまらないし

「あれれ?この間の強風で スギ花粉飛びきったのかしら?」と思ってたんです。

今年は暖かいし、例年より早く終わると思うよと耳鼻科の先生が言っていたけど

本当にそうかも!

だとしたらとっても嬉しい2号です♪

 

お香好きです

今日はお香の話をしたいと思います。

そもそもお香は、聖徳太子が摂政だった時代にある漁師さんが拾った

≪香木≫が日本での起源と言われています(※諸説あり)

そこから貴族の文化となって現代にも残っているわけですが

2号がお香という存在を初めて意識したのは

ウン十年前に清少納言の枕草子を読んだときです。

清少納言はこう書いています。

心ときめきするもの。雀の子飼。ちごあそばする所のまえわたる。よき薫物たきてひとり伏したる。唐鏡のすこしくらき見たる。よき男の車とどめて案内し問はせたる。頭洗い化粧して、香ばしう染みたる衣など着たる。ことに見る人なきところにても、心のうちはいとをかし」(『枕草子』より抜粋)

そもそも ”ときめき”という言葉がこの時代に存在していたことに一番ビックリ!

な上に、この時代の女性がときめいたのはどんな事なんだろうと気になり

その中の「よき薫物たきて ひとり伏したる」で初めてお香を知りました。

現代風にいうと「いい香り(のお香)につつまれて、ひとりでのんびりする」

という感じでしょうか?

また「頭洗い化粧して、香ばしう染みたる衣など着たる」は、

「髪を洗いメイクをして、いい香りに包まれた着物を着て」という感じ。

なんと面白い!と思ったものです。

 

香水もいいけれど、たまにはお香を焚いて

のんびりとしてみるのもいいかもしれませんね♪

ちなみに2号は、HEMのバニラがお気に入りです★

 

のんびりタイムにも所沢ビールをどうぞ^^

Facebookから購入することができます。

【Facebook】https://www.facebook.com/tkzwbeer/

最新情報はこちらから

【HP】https://tokorozawabeer.com/

【Instagram】https://www.instagram.com/tokorozawa_beer/
★ビアバーさんの情報をストーリーズにてシェア!

【Twitter】https://twitter.com/tokorozawa_beer
★2号がつぶやいてます…お話しに来てね★