所沢ビール

【スモークもくもく木曜日】燻製風ローストビーフ

毎週木曜日更新【スモークもくもく木曜日】です!
 
毎月第2週目の記事を担当しています1号です。

.

先月が建国記念日でお休みのため、1月から2か月ぶりの記事になります。

2か月ぶりともなると周囲の状況の変化が凄いですね。

まだ寒い日もありますが、過ごしやすい日が増えてきましたし、

コロナも年末年始のピーク時から考えると、数字的にはだいぶ収束しています。

.

.

さて、今回の燻製はローストビーフです。

燻製のテーマはスーパーを徘徊して決めているのですが、

その際に発見したのがコチラ。

.

「 燻さずできる! 燻製の素 」

あの永谷園さんがお茶漬けではなく、燻製漬けの素を作られていたんですね。

これを見てしまったら試さないわけにはいかない!・・・というわけで、

今回は煙を使わない燻製風ローストビーフです。

.

.

出来上がりはこちら。

燻製漬けのパートは実に簡単でした。

①ビニール袋に燻製の素を入れて、水を50ml入れて薄める

②漬ける素材をビニール袋に入れ、空気を抜いた状態で冷蔵庫へ入れる

③燻製液が染みるのを待ち(5~10分程度)、素材を取り出して水気を取る

これだけです。

.

.

燻製の素自体に下味がついているので、

ものによってはそのまま食べても良いですし、

そこから焼くなどの調理を加えても良いです。

今回はブロック肉でしたので、ひたすらフォークで穴をあけ、

燻製液に少し長く漬けて30分ほど。

それをフライパンで表面に焼き色をつけて、

ラップで二重巻きにし、それをジップロックの袋に密封し、

80℃前後のお湯で10分煮ました。

その後、火を止めて30分ほど放置。(肉が浮き上がらないように適当な重しを乗せて)

あとは常温で冷まして完成。

.

.

食べてみましたが、漬けた表面には燻製の香りがしっかりついてますね。

燻製の素を開封した時に強い燻香がしていたのでそこはイメージ通りでした。

.

違いといえば、

燻煙を使った燻製の香りはワイルド、

燻製の素を使った燻製の香りはややマイルド、

と言ったイメージでしょうか。

.

今回ブロック肉だったので中まであまり浸透していなかったので、

ベーコンみたいに漬け時間を増やして塩抜きしてみたりと、

もう少し工夫が必要だったかもしれません。

.

燻製の素は安定して燻製の美味しさを手軽に楽しめる調味料でした。

燻煙で時間をかけて作るのとは少し別物、別カテゴリーかなと思いますが、

時間や資材を集める手間が惜しい場合に重宝するのではないでしょうか。

もくフェスのエントリーは2021年3月14日まで!

所沢ビールのWeb Shopでビールを購入いただくと自動エントリーとなります。

工場見学やビールの試飲会など、楽しい企画をご用意しております!

もくフェスの詳しい内容は↓をクリックしてご確認ください。

こちらをクリック

ビールのご購入は

https://tkrzwbeer.thebase.in/

最新情報は各種SNSでチェックしてください!

【Facebook】https://www.facebook.com/tkzwbeer/

【HP】https://tokorozawabeer.com/

【Instagram】https://www.instagram.com/tokorozawa_beer/
★所沢ビールのあれこれ更新中!

【Twitter】https://twitter.com/tokorozawa_beer
★2号がつぶやいてます…お話しに来てね★