所沢ビール

【スモークもくもく木曜日】燻製牡蠣のオイル漬け

皆さん、旬の食べ物いただいていますか?

.

春夏秋冬・・・それぞれにある旬の食材ですが、

2月の旬の食材と言われるとパッと何が思い浮かぶでしょうか?

気候的にはまだ寒いですが、寒さの底を通り過ぎて、

冬が終わりを迎える頃合いでもあり、

2月は冬の旬を楽しめるギリギリの時期でもあります。

今回はそんな2月にこそ食べたい旬の食材・牡蠣の燻製を作りました。

.

牡蠣の旬は12月~2月。

この時期は、牡蠣のエサとなるプランクトンが多く発生するため、

身が大きく美味しいカキが捕れるそうです。

.

「花見過ぎたら牡蠣食うな」

そんなことわざを聞いたことありませんか?

花見シーズンの4月を過ぎた頃から牡蠣は産卵期を迎えます。

産卵期を迎えると牡蠣の身はやせて、鮮度も著しく落ちて、

さらには食中毒菌に感染するリスクが増大します。

そのことからこのように言われるようになりました。

.

さて、話を牡蠣の燻製に戻しまして、、

牡蠣を購入するためにいつものように近くのスーパーへ。

作業過程で火を通すため加熱用でよかったのですが、

生食用が割引で売られていたのでそちらを購入しました。

作業しながらつまみ食いできるのも良いですね。

.

牡蠣の燻製の作業の流れは以下の通りです。

①牡蠣を水洗い

②鍋に牡蠣200gをいれて10分ほど茹でる.

③茹でた牡蠣の粗熱を取る

④水200g、砂糖15g、塩15gとおろしにんにく適量を混ぜたソミュール液に牡蠣を半日ほど漬ける

⑤牡蠣の水気を取って、風乾燥1時間ほど (扇風機使っています)

⑤牡蠣を20分ほど熱燻する(燻煙材:桜チップ)

⑥風乾燥1時間で燻香を落ち着かせる (扇風機使用)

⑦唐辛子適量を入れたエクストラバージンオリーブオイルに牡蠣を漬けてまる1日

⑧できあがり

.

過去にも何度か作っていますが、やはり美味です!

牡蠣の風味が良い具合に出てくれていて、オイルの方もとても美味しいです。

これは一度食べるとホント癖になります。

単体でおつまみとしても重宝しますし、

パスタにかけて良し、パンに挟んで良し、チーズに添えて良し、アヒージョに合わせて良し。

食べ終わって無くなったらまたすぐに作りたくなっちゃいますね。

.

皆さんもぜひ一度お試しください!

.

.

さてめちゃくちゃ美味しい牡蠣と合わせて、

所沢ビールのスモークポーター・ファラオはいかがでしょうか?

相性抜群ですよ!!

購入は下のリンクをクリック!!

https://tkrzwbeer.thebase.in/

.

最新情報は各種SNSでチェック☆

【Facebook】https://www.facebook.com/tkzwbeer/

【HP】https://tokorozawabeer.com/

【Instagram】https://www.instagram.com/tokorozawa_beer_official/
★所沢ビールのあれこれ更新中!

【Twitter】https://twitter.com/tokorozawa_beer